白い車

中古ティアナを売る|売る業者をきちんと見極めましょう

バイクを売却する前に

車内

バイクの売却方法

今乗っているバイクを売却したいと考えた時に、売却する方法は2種類あります。1つは乗っているバイクを「下取り」に出す方法です。下取りとは、今乗っているものをバイク屋さんに引渡し、新しいバイクを購入する方法です。種類にもよりますが、下取り価格で高い値段が付いた場合、新しいものを実際の価格より安く購入することも可能です。また、手元には新しいバイクだけが残るので、古いバイクの処分も1度に済んでしまうので手間もありません。もう1つの方法は、「買取」に出す方法です。こちらは、乗っているバイクのみを売却するため新しく購入する必要はありません。しばらく乗らないから手放したい、という方は買取という手段を選ぶ形になると思います。

「下取り」「買取」どちらが良いのか

では、今もっているものを手放して新しいバイクを購入したい場合、「下取り」と「買取」ではどちらが良いのでしょうか考えてみましょう。手間のかからなさでは、「下取り」がおすすめです。1度に売却、購入が済んでしまうので、売買を別々に行なわなければならない負担が減ります。しかし、気をつけたいのはバイクによっては下取りに出した古いものは、必ずしも売れるとは限らない点です。ものによっては、ただ当然で引き取られたり、リサイクル料金として引き取り料金を取られたりすることも考えられます。多少手間でも少しでも高く売りたい、と考えているのであれば「買取」の方が高く売れる可能性があります。また、お店によって査定額も異なりますので、必ず複数のお店に査定を出しましょう。その中で1番良い見積もりを出してくれるお店で売却するのが良いでしょう。